自転車に乗っていたら、顔からこけた話

自転車に乗っていたら、顔からこけた話

今日は、スタバに行こうとしていたんですけれど、

途中、自転車でこけました。

近くの縁石につっこんで、顔からずざざっとこけました。

今日は、ズボンだったのでよかったです。

 

 

起き上がってひとまず、鼻が曲がっていないかを確認しました。

まっすぐでした。

鼻血が出ていないかを確認しました。

出ていませんでした。

でも、鼻の下から、ある程度出血していました。

どこが痛いのかを確認してみました。

歯と鼻の下とほっぺが痛い。

 

ひとまず、薬局でばんそうこうだ!と思って近くの薬局に行くと、

薬局のおばちゃんに驚かれて、

いろいろ鏡やらティッシュやら用意をしてくれて、

これを買ってここで治療しなさい、と言ってくれました。

大変ありがたかったのですが、わたしは財布をわすれていたのでした。

 

結局何も買わずに自宅に帰って薬を塗って、

ばんそうこうがなかったので、また別の薬局に行って、としていたのですが、

ふと、神様のことをすっかり忘れていることに気づきました。

 

これはいいブログのネタになるなあ、

なにかの啓示かなあ、それともわたしのミスかなあ、

父がまた心配するかなあ、なんて言おうか、

明日の礼拝で前に立つのに、きずが目立つなあ、

この経験でいったい何を悟るべきなんだ、

といろいろ考えが浮かんでいましたが、神様に報告するのをすっかり忘れていました。

 

こういう極的な瞬間に、神様を呼び求める人にならなければ!と反省しました。

目の前のことにとらわれて、神様をすっかり忘れてしまわないように

いつも考えでぴったりくっついていなくてはいけないなと

ばんそうこうを3枚貼り付けながら、考えていました。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA