神様のことがすきでしかたがない話

神様のことがすきでしかたがない話

わたしにとって神様は、本当にかっこいいイメージがあります。
だから、とてもすきです。
かっこいい神様を目指して生きる人生を選べるようになったので、とてもうれしいです。

わたしは前まで、義人の神様という賛美がすごくすきでした。
(すきすぎて毎日聞いていたら、今は少し飽きてしまいました)
「義人といつも共にする神様」という部分があまりにもすきです。
わー、わたしが生きるとき、いつも一緒にいてくれるんだ!と、
歌詞そのままですがうれしくなります。

わたしは、小さいこともすきですが、大きいことがだいすきです。
自然万物、すべてのものをおつくりになった神様、
完全に神様こそ世界一ビッグな存在だとおもいました。
朝日を見て、夕日を見て、神様を感じずにはいられません。
神様を知ってから、太陽や森林や海を見るたび、もっと感嘆するようになりました。

神様を知った私は、もう全てに勝ったも同然だ!とうれしくなりました。
キリストという存在がよくわからなかったとき、神様だけはすきでした。
キリストはいいから、神様だけ愛してればいいや、とも考えていたこともありました。

しかし、神様に近づくためには、キリストの存在が必要でした。
キリストがいてこそ、神様の近くにいけますし、一緒に過ごせます。
しかも、御言葉を伝えてくれるのは、キリストです。
神様をもっと知るためには、御言葉が必要でした。
それを知ってから、神様に近づくために、キリストもすきになろうと思い始めました。

ここで、すき、愛するということは、
その方の言う通りにするということだと教えてくれました。
だから、御言葉通りにするということなのです。

御言葉は、人ではなく神様を中心にした言葉です。
自分をなぐさめてくれるような言葉ではありません。
神様のように強く生きるための言葉です。
そして、自分の考えを神様と同じように作るための言葉です。
神様が考えていることを、自分も考えるようにするということです。

さすが、神様が考えることはレベルが高いのです。
そう簡単にはうまくいかないときもあります。

しかし、それを乗り越えるとき、また神様に近くなるのだと思うと、うれしくなります。
むずかしいけど、うれしい人生です。
いやはや、うれしいなあ。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA