アルバイトでゴミ収集をしているときに見たゴミの話

アルバイトでゴミ収集をしているときに見たゴミの話

わたしは現在、事務のアルバイトをしています。
事務の内容は、トイレ掃除、ゴミ捨て、書類整理、押印作業など、さまざまです。

その中でも、ゴミを回収して捨てる作業が毎回あります。
デスクひとつひとつに、小さなゴミ箱が置いてあるのですが、それをひとつのゴミ袋に集めます。
そのゴミを集めて回るとき、社員の方々のゴミを見ることになります。
ゴミを回収するときは、ゴミ箱の相手のことがわかるなと感じます。

ゴミの量は、人によっていつも同じくらいです。
ゴミが多い人はいつも多いし、
ゴミが少ない人はいつも少ないです。

ゴミの内容も大抵いつも同じで、
ある人のゴミ箱には、いつもお菓子の袋がたくさん捨てられています。
同じく、いつも大量の書類が捨てられているゴミ箱、
いつもコンビニ弁当がひとつ捨てられているゴミ箱もあります。

わたしがゴミを回収するとき、
お礼を言う人、おじぎをする人、ゴミ箱を差し出してくれる人がいます。
それも大抵、いつも同じ対応です。

自分の生活はゴミに表れるのだと感じました。
ゴミは、生活をする中で、必ず出てくるものです。
自分が行なった痕跡は、ゴミとして残ります。

たとえば、くだものを食べれば、皮や種や芯が残ります。
毎日くだものを食べる人なら、毎日それがゴミとして出てきます。
1週間たまったゴミを見たら、その人の行いが見えます。
そしてそれは、放置せずに処理しなくてはいけません。

おなじように、自分のゴミのような悪い考えや行動も、捨てなければずっと残っているし、
わたしのゴミを見た人がいるなら、わたしがどんな人なのか丸見えなのだろうとおもいました。

デスクの下のゴミ箱、一旦捨てたように思えても、ただゴミを貯めているだけです。
完全になくすには、ごみを分別して、適した処理をするところまでしなくてはいけません。

悪い考えも、あ、いけなかったな。とだけおもって、直さないなら貯め続けていることで、
神様の前に自分の考えを悔い改めて、直すところまでやるんだなとおもいました。

ゴミを捨てる姿勢、考えを直す姿勢も、考えました。
わたしから出たゴミ、わたしが責任を持って処理しようと考えるのだとおもいました。

ふつうのゴミは、待っていれば清掃員の人が回収してくれますが、
考えのゴミは、誰かが持って行ってくれる、と助けを待ってばかりでは捨てられません。
仮に、回収してくれている人がいるなら、わたしはその方に頭が上がりません。

考えや行動のゴミ、見えないけれど確実に存在するから、
ぜったいに処理しなくっちゃ、と重たいゴミ袋を運びながらおもいました。

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by さら

    ごみを見ればその人の生活がわかる、ってすごく納得です。
    面白い

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA