やる気は神様から来る。乾かない世代が『モチベーション革命』を読んでみた

やる気は神様から来る。乾かない世代が『モチベーション革命』を読んでみた

amazonで無料だった『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)』を読みました!

これは、「何のためにがんばるのか」について書いた本です。
「働くため」の価値観、モチベーションを考える本です。

 

わたしが印象に残った部分は、1章の部分です。

そもそも私たちは生まれた時から恵まれた環境にいて、
不足しているもの、ないものがない状況にあるのだといいます。

 

団塊世代以上、満足に食べられない、着られない生活が続いていた頃、
仕事をすることで金銭を得て、美味しいものを食べ、良い服を着て、
理想の生活を得ることが、多くの人のモチベーションでした。

ないものをいかに埋めるかがモチベーションだったのです。

 

しかし私たちは、
生まれた時から美味しいものを食べ、欲しいものは簡単に得ることができました。

今の若者は、「これがほしい、あれがほしい」と『乾けない』のだと本書で表現されています。
本書では、若い私達の世代を『乾けない世代』と呼びます。

 

 

世の中は、物質で満ち満ちています。
わたしたちは、十分に物質(食べ物・服・住まい・環境・・・)を持っています。

モノであふれているから、付加価値がなければどんどん衰退していく時代です。
消費者も生産者も、物質の機能や見た目でない部分に目を向けるようになりました。

 

それは例えば、体験デザイン(スタバの特別感)や、
生産者の見える化(野菜や卵でよくやっている)などで見られます。
物理的から、より精神的な角度の提案が増えてきています。

わたしたちの幸福感とも同じ流れで変化しているのだと思います。
本書では、「人の幸せは5種類に分けられる」というポジティブ心理学の一説を紹介しています。

 

それが、「達成」「快楽」「良好な人間関係」「意味合い」「没頭」の5つなのです。

 

簡単にいうと、
「達成」= 課題を達成すること、誰もできないことを成し遂げること
「快楽」= おいしいものを食べるとき、好きな人と抱き合うとき

 

特に昔は、「快楽」の物理的なポジティブ感情が「達成」につながりやすかった。
だから仕事を達成し、美味しいものを飲み食いする。それが幸せとなった。
過去、「達成」「快楽」こそが、多くの人の幸せの軸でした。

 

しかし、今の世代は後半の「良好な人間関係」「意味合い」「没頭」に重心を置くといいます。

「良好な人間関係」= 自分の好きな人たちと共にすること
「意味合い」 = 自分の行なう仕事が、大きな文脈の中で誰かに貢献できていると実感すること
「没頭」 = 作業自体に夢中になること(ex: 毎日欠かさず素振りを続けた野球選手のイチロー)

 

例えばわたしの同期たちは、
毎日、仕事帰りに集まっては同期同士共に話して過ごしています。

みんな互いのことが大好きです。
まさに「良好な人間関係」による幸せを求めています。

 

また、「意味合い」による幸せは、摂理人がよく感じていると思います。
報酬などの見返りを求めず、神様が願うことなら、神様が喜ぶことならと、どんな仕事も喜びで行ないます。

また、ボランティア活動、奉仕活動もそうです。
お金は一切もらえない。けれど自分の行ないが、誰かの生活、結果を変える。そういう喜びで行なうのです。

 

そして、強くわたしの幸せの軸となっているのが「没頭」です。

このブログも、デザインも写真撮影も、幸福を感じるのは没頭しているからです。
御言葉の整理、スケジュール管理、家計簿、読書、資料作成、全て没頭で喜びを感じます。

作業を行なっているときは、わたしは深い海に飛び込んでもぐっていくように感じます。
はっと気づいて水面から顔を上げると、もう日が暮れているのです。

 

今の自分は、職場の「人間関係」もいいし、仕事の「意味合い」も見出しており、仕事に「没頭」しているのですが、
本書を読むと、それならそのまま成長してがんばればいい。とのことだったので、
ここで本を読むのを終えようかと思いましたが、最後まで読みました。

 

最後まで読んで思ったことは、

本書で、『乾けない世代』という表現が何度か出てきます。
わたしはこれを読む度、ある聖句が思い浮かびました。

 

アモス書8:11~13

主なる神は言われる、

「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、
水にかわくのでもない、主の言葉を聞くことのききんである。

彼らは海から海へさまよい歩き、主の言葉を求めて、こなたかなたへはせまわる、
しかしこれを得ないであろう。

その日には美しいおとめも、若い男もかわきのために気を失う。

 

飢饉、必要なものが極度に不足するという意味です。
必要なものとは何か。パンでも水でもありません。主の言葉です。
神様の御言葉が極度に不足することです。

御言葉とは、どういうものでしょうか。
そこには、時代が変わったとしても、ずーーっと通用する真理が書かれています。
愛とは。自分の価値とは。生きる目的とは。
そして、自分を救う救い主とは。

 

高級車も高級ワインもそれほど欲しくない。
かといって、何を追求したいとも思わない。

乾けない世代の若者たち。
もしも仮に、彼らが御言葉の飢饉に襲われているとしたら。

彼らは乾けないのではなく、
本来は乾いているけれども、何に乾いているのかわからないのではないでしょうか。

目に見えるものは、あるのかないのか、ハッキリわかります。
しかし、愛、価値、生きる目的のような、見えないものに関してはありなしの区別がつきにくいです。

明確な目標を持って確実な方法で求めることも、なかなかむずかしいです。
愛がコンビニで298円で売られているということもありません。

 

見えないものの中でも、自分の存在意義の実感とは、幸福に大きく影響すると思っています。

だからこそ、自分の存在意義の「意味合い」を求めます。
自分の存在意義に自信がない。しかし自分が行なうことには意味があって欲しいのです。
それによって、自分の存在も認めるようになります。

 

「達成」「快楽」「良好な人間関係」「意味合い」「没頭」
この5つは人に幸せを感じさせます。
これらが成されるとき、喜びを感じると同時に、
自分の存在意義の不安を忘れ、自信を持てるようにしてくれるのではないでしょうか。

 

なぜ、存在意義が幸せに影響すると思ったか。

わたしはいままで、
先の5つのような幸せが瞬間来たとしても、そのときが終われば、すぐに不安が襲ってきました。
それは、自分の存在意義に対する不安でした。

いつもその不安から逃げるように生きていました。
幸せを素直に感じ、喜んで受け入れるには、そこを解決しなくてはいけませんでした。

 

わたしは神様の御言葉を聞いて、自分の存在意義を理解するようになりました。
今まで、ネガティブな心から逃げるために、さらに得ようとしていましたが、
神様の愛を知り、自分の価値を知り、安心してポジティブに進めるようになりました。

わたしは、それによってきちんと幸せを感じることができました。
ポジティブにモチベーションをあげることができるようになったのです。

 

わたしは、御言葉を聞くうち、神様の御言葉、神様との愛に乾くようになりました。
実際はないわけではなくて、あるけれども、より求めるようになりました。

そうすると、モチベーションが今までと異なります。
さきほど、わたしの幸せの軸は、「没頭」だとお伝えましたが、
その前段階で、神様とつながるという「意味合い」があることが大事なのです。

神様との「意味合い」があれば、「没頭」してもしなくても、
モチベーションにつなげていくことができます。
※たまにがんばることが必要

 

どんな仕事も意味がないことはないと思いますが、
例えものすごくその仕事に意味がなさそうでも、
自分がその仕事を神様を信じて行なう過程に意味を見出します。

神様との経緯、自分の成長につなげることができます。
すべて、意味があることだと思えるようになります。

なのでわたしは、「達成」「快楽」「良好な人間関係」「意味合い」「没頭」 これらを求める前に、

「良好な神様との関係」を備えることで、
モチベーションの感じ方、得られるものが大きく変わると考えています。

 

Category :
277 views