賛美が本気で嫌だった頃の話

賛美が本気で嫌だった頃の話

 

<もっとよいもの>があっても、「自分の心」に従って<もっと劣っているもの>を選択する。

 

摂理の御言葉を学ぶようになったときのことです。

わたしに親しく接してくださって、よくお世話をしてくれた人がいました。

はじめて御言葉を聞く前に、その人がピアノを弾きながら、賛美を歌ってくれたのです。

 

賛美とは、神様をほめたたえて歌うことです。

賛美しようと言うのは、神様のために歌おうという意味で使うことがあります。

賛美が、歌自体をさすこともあります。

 

賛美を聞いて、わたしは感動しました。

声もピアノも歌詞もすてきでした。

しかし内心、嫌な予感がしていました。

 

予想通り、その人は言ったのです。

いっしょに歌ってみる?と。

いえ、今日のところは。と、わたしは丁重にお断りしました。

 

その日はそれでよかったのです。

しかし、日を重ね、何度か繰り返すうち、

その人から、そろそろ歌ってみようよ、と後押しされ、

自分でも歌うようになりました。

 

はじめて歌ったとき、正直、いやでした。

 

賛美だけがいやなわけではありません。

歌全般がいやなのです。

自分の声もいやだったし、

音程もうまく合わせられないし、

歌自体、いい思い出がないし、

とにかくいやでした。

 

なんで御言葉を聞きに来るだけなのに、歌が必要なのだ。

と、ちょっと怒ってもいました。

 

賛美は技術じゃなくて、真心が大事だよ、とも教えてくれましたが、

わたしは本気で下手だったのと、

そこまで、神様をたたえようという気持ちでもなかったので、

そりゃあ、先輩たちはうまいからいいけどさあ、とむくれていました。

 

ただ、その人が地道に導いてくれたこと、

そして、楽しそうに賛美する人たちの姿を見て、

すこしずつ賛美を喜んでするようになりました。

 

賛美はすればするほどすきになって、

そのうち、この曲がすき、あの曲がすき、と言い出して

自転車に乗っているとき、うれしくなったとき、神様を喜ばせたいとき、

いろんな瞬間で賛美をするようになりました。

 

歌は変わらずへたくそですが、それよりも、

賛美を通して神様に思いを伝えられるからうれしいです。

 

ただ歌うことと、賛美をすること、何が違うのかといえば、

神様を見ているかいないかだと思いますが、その差が本当に大きいです。

神様と通じる賛美は、本当にたのしいです。

 

摂理に来るとき、何かしら、いやなことに出会うときもあるかもしれません。

しかし、いやだからといって、やらないことがいい選択とは限らないのだと感じました。

あまりにもいやなことだったけれど、とてもだいすきなことに変わりました。

賛美を通して、もっと様々なものを得るようになりました。

食わず嫌いだった私の、大きな収穫となりました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA